演題募集

演題登録について

  • 今回の学術集会のテーマは「こどもたちの声を聴こう」としました。もう一度「Child First」に立ち返ろうというのが本大会テーマの主旨であります。
  • さまざまな職種からの発表を歓迎します。

演題カテゴリー

  • 一般演題
  • 大会長要望演題

大会長要望演題として、各職種や施設における先進的な取り組みや研究、「性虐待・性被害」に関する問題提起、現場での工夫や取り組みについて募集します。特に今まで取り上げられることが少なかった分野やアプローチに関する積極的な発表を期待します。

募集期間

4月11日(月)~5月13日(金)

5月23日(月)まで条件付きで延長を行います。若干数のみの追加募集とし、この間に応募があった方に関しては実行委員会による査読の上、採用・不採用を決定いたします。不採用となった場合には悪しからずご了承ください。

第16回事例検討会の症例については引き続き5月31日(火)まで募集していますので、そちらへの応募についてもご検討ください。

発表形式

口演発表のみとなります。

演題応募方法

  • 演題募集はオンライン演題登録システムのみで行います。演題登録は画面下部の[演題登録]ボタンからお願いします。
  • 制限文字数は、タイトルが40字以内、抄録本文は全角600字以内(特殊文字、図表は使用不可)となります。

演題登録はこちらから

応募資格

  • 筆頭演者は日本子ども虐待医学会の学会員に限ります(共同演者は学会員である必要はありませいて入力するページから申告をお願いいたします(筆頭演者だけでなく共同演者についても開示が必要です)。
  • 発表冒頭に演題と関係するCOI開示スライドを提示してください。
  • 指針およびCOI開示スライドのサンプル(パワーポイントデータ)は下記よりご確認いただき、ご準備の程お願い申し上げます。

演題発表における倫理的配慮について

学術集会におけるCOI開示に関する指針

COI申告書

COIありのサンプル

COIなしのサンプル

演題登録に関するお問い合わせ先

以下のメールアドレスまでお問い合わせください。

E-mail:メール

演題登録に関するお問い合わせの際には、件名に「第13回日本子ども虐待医学会学術集会演題登録に関する問い合わせ」と記載をお願いいたします。

日本子ども虐待医学会(JaMSCAN)事務局

〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台1-5-31 チェリーヒルズ金田 2階 B号室

TEL:0463-95-4166

FAX:0463-90-2716

●日本子ども虐待会ホームページ

https://jamscan.jp

●第13回日本子ども虐待医学会学術集会(仙台)ホームページ

http://jamscan2022.jp

事例検討会症例募集

第13回日本子ども虐待医学会学術集会in仙台」のプレコングレスにおいて、今回も7月22日(金)に事例検討会を行います。そのときに検討したい事例を募集します。虐待か否か判断に迷う事例、対応に苦慮している、あるいは苦慮した事例等に対し、虐待医学的診断、より良い対応・解決策等について皆で議論してみませんか。

全国の虐待の医学的対応に関わる専門家たちや児童相談所、警察、検察等の多機関が参加する場ですので、ふるって事例を発表してください。

なお、事例については個人情報に配慮した形でご発表いただき、かつ学術集会以外の場で公開されることはありませんので、ご安心ください。事例について発表をご希望の方は、JaMSCANインフォメーション お問い合わせ までメールをお願いいたします。件名には「第13回日本子ども虐待医学会学術集会、事例検討会事例応募」と記載し、所属、氏名、メールアドレス、事例の概要について800~1200字程度で簡潔にお知らせください。事例募集の締め切りは2022年5月20日(金)といたします。

※事例を提示していただく筆頭演者の方はJaMSCANの会員である必要があります。入会を希望の方はJaMSCANホームページをご覧ください。
https://jamscan.jp/join/